◆相続・遺言
近しい人が亡くなり、悲しみにくれ、どんなに辛い状況であっても避けて通れないのが相続問題です。
相続手続きには、戸籍謄本や遺産分割協議書、相続人が複数に渡る場合には、各相続人の印鑑証明など様々な書類を用意する必要があります。
手続きも役所や法務局、銀行などの金融機関と申請や手続きの場所は多岐に渡ります。
また相続人が多ければ多いほど、必要な書類も多くなり、手続きも複雑になってきます。
悲しみの中、慣れない手続きをするのは想像以上に大変です。
万が一そのような状況になりましたら、是非私ども神戸栄町司法書士行政書士事務所にお手伝いをさせてください。
遺言がある場合には、遺言執行者の代理人として対応することも可能です。
委任状を頂きましたら、様々な手続きの代行も致しますので、お気軽にご相談下さい。
◆不動産登記

不動産の売買における手続き、相続によって発生した名義変更、担保権の設定など、不動産登記における全般の手続きを致します。
相続によって得た不動産の「所有権移転登記」の手続き代行や、住宅ローンによる「抵当権設定登記」など、不動産登記は比較的身近な登記手続きですが、手続きは複雑です。
金融機関との連携や不動産会社とのやり取りなど、各所に確認作業をしながらの登記手続きになるので、安心して進めたい方は是非とも神戸栄町司法書士行政書士事務所にご相談下さい。豊富な経験を基に登記手続きを致します。

成年後見制度の支援
「成年後見制度」とは、認知症や精神障害、知的障害などで物事を判断することが難しいという方の権利を守るためにサポートする制度です。
成年後見制度は、本人の状況により「後見」「保佐」「補助」の3段階に分けられます。
本人の状況や家庭状況など、様々な条件によって決まります。成年後見制度のご利用をお考えの方は、まずはお気軽にご相談下さい。
◆商業・法人登記
会社を立ち上げたいが、何から始めていいのか分からない…(会社設立) すでに会社は設立しているが、商号や役員を変更したい(商号変更・役員変更) 会社を解散したい(会社の解散・清算結了) 神戸栄町司法書士行政書士事務所では、上記を含む様々な商業・法人登記のお手続きを行っています。
平成18年の会社法施行に伴い、役員の人数や任期の選択や、資本金の撤廃など、自由度が増した分、定款の作成など各会社の実態に合わせて記載しなければならない部分が増えました。
複雑化した定款の作成や機関設計などのご相談も承っております。お気軽にご相談下さい。
登記事項の変更は登記申請の義務がありますが、既存の事業が忙しく手続きの時間がない場合なども、お力になりますので是非ご相談下さい。
その他
◆裁判所に提出する書類の作成
◆債務整理
◆簡易裁判所における訴訟等代理
◆供託